ゴノツクヒ:12月5日に東京と福岡を繋いで「電子工作祭り」

3Dプリンターや、レーザーカッターなどが設置された謎の空間「博多図工室」のオープンが迫る中、「俺を囲む飲み会」改め「ゴノツクヒ(毎月5のつく日に開催予定)」は、東京のStartupDatingサロンと福岡との中継開催で行われる「電子工作祭り」に乗っかります。第1回目の開催日時は2012年12月5日19時〜22時です。福岡は、これまた謎の溜まり場「西中洲スレッド」にて。

福岡のゲストは、明星和楽でも、作品の展示を行った福岡を拠点に活動する、学術研究員、アニメーション作家、ゲーム開発者、広告代理店勤務の経歴をもつ 九州大学出身の 4 人のクリエイターが集まったクリエイティブ・ラボ「anno lab(あのラボ)」の藤岡定氏。

ゲスト

東京会場

AnnoyingHeart(古川富健氏)
AnnoyingHeartは「いまだけ、ここだけ、あなただけ」のリズムを作る電子楽器です。指先から脈拍を検出し、普段は聞く事の出来ない心臓のリズムを聞こえるようにします。誰でも簡単に操作する事が出来て、他人と違ったリズムを聞く事が出来ます。

RainDrops(小林敦氏)
RainDrops」は降ってくる雨をイメージしたムード照明。照明の中に水が入って揺れているかの様に演出し、照明から漏れる光が水底を照らす光の様に周りの空間を照らし出します。照明内部に宙吊りのLEDと凹レンズで光を収束させ揺れる事によりこの様な演出を可能としました。

福岡会場

藤岡 定
九州大学発のクリエイティブ・ラボ anno lab代表。アーティスト、芸術工学博士。体感型のインタラクティブ・システムや音楽演奏ソフトウェアを制作し、自作ソフトウェアによるライブパフォーマンスを行う。国内外で活発的に活動しており、これまでにSIGGRAPH(USA)、FILE(ブラジル)、ElectroFringe(オーストラリア)、International Festival of Electronic Art 404(アルゼンチン)、台北數位藝術節(台湾)、アジアデジタルアート大賞(日本)等で展示・上演。

概要

日時 12月5日 19時〜22時
開催場所 西中洲スレッド
参加費 1,000円(ドリンク有り、軽食や追加ドリンクの持ち込み歓迎)
主催 スタートアップデイティング
協力 株式会社マニューバーズ
申込み 福岡会場は、ゴノツクヒの第1回目のFacebookイベントから、参加してください。

ゴノツクヒについて

さてさて、「ゴノツクヒ」は、毎月5のつく日(5日、15日、25日)に開催し、テック系に関わらず新規事業立ち上げの人とかが、定期的に会って新規事業の進捗の共有や、アイデアの模索や、食事や、お酒などを共にする場になっていく予定です。セミナ形式、ワークショップ形式など、いろんな形で開催出来ればと思っています。2013年1月5日は、ウシギューさんのブログ講座ですよ。

Masanori

CEO and co-founder of Nulab Inc., which is a software company. So, we are running cacooo.com, backlogtool.com, and typetalk.in, they are all web-based services. In addition, I am helping a community of Information Technology in Fukuoka, Japan. This community is holding a Tech and Creative Festival called Myojo Waraku. Over 4,000 people joined this event in 2012.

More Posts - Website

Follow Me:
TwitterFacebookLinkedIn

コメント

  1. […] 先日行われたゴノツクヒのレポートです。当日は、東京と福岡とを繋ぎ、「電子工作祭り」と題して、東京からは、古川富健氏のAnnoyingHeartや、小林敦氏のRainDropsなどのインタラクション(?)が紹介されました。福岡会場は一同「本物を観たい」と感想を漏らしており、中継の意義が問われる結果となりました。 […]

  2. […] ブログセミナー、新年会、哲学プレゼンや電子工作など多岐に渡った題材を扱っているゴノツクヒですが、今回も大変楽しい集まりとなりました。さらに何かを生み出すこと、産まれたものを育てることに焦点をあてて広げていきたいと思います。知らない知識やコト・モノとの出会いを創れたら・・・と思っていますので、あまり知らないコンテンツだったとしても、ゴノツクヒにちょっと集まってみませんか? […]