HTML5カーニバルや!HTML5カーニバル祭りや!!

HTML5で作られた「Firefox OS」搭載スマホの発売が決定されたようで、スペインのバルセロナでおこなわれた記者会見では「Blaze your own path」というキャッチコピーが映し出されたそうです。「自分の道を切り開け」的な意味合いなのですが、去る2013年2月9日に、九州産業大学でも道を切り開いたイベント(カーニバル?)が催されていました。僕は残念ながら参加出来なかったのですが、道を切り開いた記念すべきイベントなので、その紹介をせずにはいられません。

069-DSC00173

その『HTML5 Carnival Fukuoka』の主催を勤めたのは下川北斗氏と、グルービーモバイル株式会社の赤瀬剛氏。イベントは400人を超える動員数となっていて、福岡で行なわれるテクノロジー関連のイベントでは大規模に属するようなイベントとなっていたようです。

そこで、主催の赤瀬氏からのコメントをいただきました。

私は心配性です。そんな自分が500人も集めるイベントをやろうというのだから、正直本番前とか、どうにかしてズル休みしてやろうと考えてたワケです。フタを開けると400人を超えるお客さんを集めることができました。ということは、つまり8割超え。これって結構スゴくないですか?こんな心配性でHTML5のこともそんなに詳しくない自分でも、「やろう!」と思えば、手伝ってくれる仲間がすぐに見つかる。福岡ってそんな場所です。
なので、今回のイベントを通して「こっち側になりたい」と少しでも感じてもらえたなら嬉しいなーと。心配性でも全然問題ないんです。オーディエンスよりもプレーヤーになった方が何倍も楽しいことが待ち受けていますから。

登壇者も豪華な顔ぶれで、Operaのウェブ エヴァンジェリストであるダニエル・デイビス氏、W3CのHTMLアクティビティリーダーのマイク・スミス氏をはじめ、浅井智也氏(Mozilla Japan)、北村英志氏(グーグル株式会社)、轟啓介氏(アドビシステムズ株式会社)など。また、地元福岡からは、平山真氏(株式会社ヌーラボ)、おおくぼひろあき氏(SIDEVISION Inc. & inazumatv.com)などです。

動画配信も行なわれ、都合により家を出ることが出来なかった人、当日用事があって参加出来なかった人、申込みを忘れていて当日に「行きたい!」と言ってみたものの断られた人なども、リアルタイムに、もしくは後日に動画で観ることが出来るようになっているのは、HTML5を広げていくという意味でも親切なイベント設計です。

こういうイベントは、現場に駆けつけてバイヴレーションを感じたいものですが、動画だけでも大変意味のある内容になっています。

次回は忘れずに申し込もう・・・。

オフライン・ファーストの思想と実践 :HTML5 Carnival 2013 – 12107教室


勧告候補になったHTML5.0の仕様についてと、HTML5.1の始まり-マイク・スミス氏





HTML5のWeb制作を確実に楽にする最新のアドビWeb制作ツール


Webプラットフォームの最新動向 2013年版 :HTML5 Carnival 2013 – 12107教室


FlashじゃなくてHTML5でビュンビュン動くサイトを作ってと言われたら-おおくぼひろあき氏


NoSQL DBとJavaScript


Chrome Appsで作る新しいユーザー体験 HTML5 Carnival 2013 – 12107教室


small画面でも、BIG画面でも、今すぐ使えるレスポンシブ活用術-ダニエル・デイビス氏


ハイブリッドアプリ開発最前線から見たHTML5の理想と現実


HTML5は本当にマルチデバイス対応の銀の弾丸か HTML5 Carnival 2013 – 12107教室


Flashの軌跡から紐解くHTML5のこれから-平山真氏


コミュニケーション系API最新事情〜WebSocketからSocket APIまで〜


イベントを実行されたみなさま、お疲れさまでした!

SONY DSC

Masanori

CEO and co-founder of Nulab Inc., which is a software company. So, we are running cacooo.com, backlogtool.com, and typetalk.in, they are all web-based services. In addition, I am helping a community of Information Technology in Fukuoka, Japan. This community is holding a Tech and Creative Festival called Myojo Waraku. Over 4,000 people joined this event in 2012.

More Posts - Website

Follow Me:
TwitterFacebookLinkedIn