iPhoneアプリ『バスをさがす 福岡』 2月25日に1万ダウンロード突破

地域特化型のアプリ『バスをさがす 福岡』が、2013年2月25日に1万ダウンロードを突破した模様です。

当アプリは2012年11月13日にリリース記事を書きました。2013年1月21日には、7,000ダウンロードの記事。ついには、1万ダウンロードいきましたね。

おめでとうございます!

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/bus_fukuoka/status/306748518364745728″]

 

先日、バージョン1.2のダウンロードが開始されていました。「地図上にピンを落として「ここにバス停があるよ」と報告出来る機能」、「コミュニティバスのバス停名が地図上で分かる機能」などが追加されている模様です。

「日時指定検索」の機能は現在も開発中のようで、次回のバージョンアップ予定は2013年3月中とのこと。

「日時指定検索」がそこに含まれるのかどうかが楽しみです。

 

「福岡」という地域に限定されたアプリケーションで1万ダウンロードを超えるのは、とても面白いですね。

福岡県外の人のiPhoneにはあまりインストールされてないけど、福岡県内の人のiPhoneには標準のようにインストールされている状況とかになってくる現象がおこると面白いです。

その一方、仕組み的にはスクレイピングなどの技術と、ユーザーによる申告(?)などで成り立っていそうなアプリなので、『バスをさがす 栃木』『バスをさがす 群馬』など、他地域にも発展出来そうな気もします。

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/w_koppe55/status/305123357324636161″]

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/akihiro1977/status/306990634860953601″]

 

株式会社Reevoが『交通革命を起こす』とEVカーのシェアリングに燃え、からくりものが、バスをより良く使えるように改善していく様子をみると、福岡という街は、モビリティーの実験に向いているのだなぁ・・・と思えてきます。

Masanori

CEO and co-founder of Nulab Inc., which is a software company. So, we are running cacooo.com, backlogtool.com, and typetalk.in, they are all web-based services. In addition, I am helping a community of Information Technology in Fukuoka, Japan. This community is holding a Tech and Creative Festival called Myojo Waraku. Over 4,000 people joined this event in 2012.

More Posts - Website

Follow Me:
TwitterFacebookLinkedIn