baserCMS、デザインテンプレート制作者やプラグイン開発者が有償販売を行えるbaserマーケットを公開

企業のホームページ(コーポレートサイト)にちょうどいいでお馴染みの、僕が書いたプログラムコードが5文字くらい反映されているオープンソースのCMS「baserCMS」。

2014年3月末にbaserCMS用のテーマやプラグインを購入できるマーケットプレイスをリリースされた模様です。

夜の福岡市中央区天神の居酒屋で、開発者エガシラ氏と僕とで、福岡市東区に住む「褒めて伸ばすことが得意な男」を呼びだしてオープンソースにしようと話をした頃からすでに企画・構想されていた「テーマやプラグインを販売するプラットフォーム」が満を持して登場ということを知り、朝のコーヒーがとても美味しいところです。

エガシラ氏は、以前、『baserCMSはキャッチアップの宣伝になったが、コミュニティーに還元していかないといけない』とも話しており、このマーケットプレイスがそのアウトプットの一つかと思われます。

baserCMSにはサイトデザインを簡単に切り替えれるテーマ機能、サイトに機能を追加するプラグイン機能が備わっており、他のクリエイターの方が作成したデザインや新機能を、簡単に自分のサイトに取り込めるようになっています。

もちろんデザインやプログラムに精通しているようであれば、全てを自分でカスタマイズすることも可能です。

その際にも、すでに作られているテーマやプラグインを導入・カスタマイズする事で制作期間やコストを抑える事ができるかもしれません。

baserCMSの導入をお考えであれば、baserマーケットの商品ラインナップを是非確認してみてください!

 

baserマーケットとは | baserマーケット』より

このマーケットプレイスの人気テーマやプラグインが、管理者ダッシュボードなんかに表示されてインストールが楽になると凄くいいですね。

もちろん、新着テーマやプラグインなども。

 

ざっと眺めてみて、気になる点は現在(2014年4月9日)、無料のプラグインやテーマが多く、商売視点からいくと「マーケットプレイスが無料のものを配布するところ」という印象がつき、有償のものがなかなか売りだされない、売れないという状況になってしまわないか?というところ。

baserマーケットでは有料商品も取り扱います。

売上の一部をサイト利用料として頂戴しますが、そのほとんどがクリエイターの皆様に還元される仕組みを用意しております。

サイトを作成する際、これまでであれば特定のクライアントに満足していただくために作成します。しかしながら、「あるクライアントにって有益なデザインや新機能は、他の誰かにとっても有益」なのではないでしょうか?

クリエイターの方々のスキルをこれまでと違った形で幅広くご活用頂けるよう、baserマーケットは拡充して参ります。

 

クリエイターの皆様へ | baserマーケット』より

あくまで商売視点なので、オープンソースという枠組みの中、どの程度その視点を持ち込むと良いか?というのは、有志の開発メンバーやデザイナー、オープンソースとしてのbaserCMSのファンの「商売が介入してくると自由が奪われるかも」という類いの不安(baserCMSの中心にいる方々をみる限り、大きくはないと思いますが)とのバランスが難しいと感じます。

とはいえ、オープンソースの醍醐味は「自発的な人達が無償で参加し、その成長などを楽しむ」ことではなく、「ソースコード(プログラム)が開示されている」というところであり、また、その他運営的なところは、通常の企業に比べて少ないけども費用がかかるのも事実。

また、「多くの人に使ってもらいたい」という、開発者やデザイナーの想いがあるとすれば、多くの人に使ってもらうための投資をやっていかなければならず、収益を狙うというのは避けては通れないことかと思います。

baserCMSにはそこら辺の絶妙なバランスを乗り越えて欲しいですし、NPO法人ベーサーファウンデーションがユーザーコミュニティーと営利企業との調整役として機能する役割を果たすのでしょうね。

ともあれ、もっと有償のテーマやプラグインがマーケットにて売り出されて、それがbaserCMSのエコシステムとなっていくことを期待します。

 

エガシラ氏が、兼ねてより言っている『創って共有出来るものはオープンソースにし(baserCMSの場合はデザインのテンプレートやプラグイン)、また、それを利用改善していくようなPDCAサイクルが生まれ、そうして、特別な人でなくても、プログラマーとしてフリーになれる環境を作る』ということが、このbaserマーケットで出来るといいですね。

Masanori

CEO and co-founder of Nulab Inc., which is a software company. So, we are running cacooo.com, backlogtool.com, and typetalk.in, they are all web-based services. In addition, I am helping a community of Information Technology in Fukuoka, Japan. This community is holding a Tech and Creative Festival called Myojo Waraku. Over 4,000 people joined this event in 2012.

More Posts - Website

Follow Me:
TwitterFacebookLinkedIn