株式会社リーボ、今度は2タップで自宅にレンタカーをお届けするVeecle!(ビークル!)を公開

福岡市内にて「交通革命」をキャッチコピーに、レンタルEVカーなどのサービスを通し、クルマの新しいあり方を提案し続ける株式会社リーボが、スマートフォンでレンタカーを呼び出すサービス「veecle!」のテスト運用を開始しました。

2014年7月8日から2日間にわたって行われたアドテック九州内のトラック『明星アド和楽』のスタートアップショーケースにて発表され、更に同年7月24日の日経新聞九州版に掲載された後、2日間で福岡北九州限定のテストユーザー登録数は120名を越え、現在も増加中とのこと。

維持費を掛けずに、必要なときだけ。

ビークル!は、スマートフォンでレンタカーを呼び出すサービスです。
クルマをつかうのに、もう毎月高い駐車場代や保険料、税金を支払う必要はありません。
必要なときに、必要なぶんだけ支払う、オンデマンドのマイカーライフを提案します。

ボディタイプと利用時間を選ぶだけ。

初めにアプリで免許証とクレジットカードを登録し、あとはクルマのボディタイプと利用時間を選ぶだけ。
ご予約の時間にお車をお届けにあがります。
選べる車両はコンパクトカーや高級セダン、ワンボックスにオープンカーまで、用途に合わせてクルマをお選び頂けます。

Veecle!|ビークル!スマートフォン2タップで自宅にお届けする宅配レンタカー』より

テストユーザーは、ビークルで利用できるコンパクトカーやワンボックスなど、全車型を24時間分無料で利用でき、テスト利用の場合でも、通常のレンタカーと同様、全て保険に加入しているとのことで、そっちの方も安心です。

詳しくは、テストユーザー登録時の注意事項を参照してください。

veecle2

過去の株式会社リーボのサービスを振り返ってみて、一番利用しやすく実用的というか、「まあ、当たり前に欲しいよね」といった感じのサービスになっており、ある意味「置きにいった」と思えるくらい凄くシンプルですが、とはいえ身の回りになかったサービスで、成長の気配を感じることができます。

いきそう。

 

現在、株式会社リーボには技術責任者(CTO)相当の人物が居ない様子。

代表の松尾竜馬氏の思い描く「交通革命」に共感するCTOが現れれば、更にテクノロジ企業としても成長するのではないか?と期待できます。

どなたか、CTOになってみないですか?

 

デジトロポリスからは、以上です。

Masanori

CEO and co-founder of Nulab Inc., which is a software company. So, we are running cacooo.com, backlogtool.com, and typetalk.in, they are all web-based services. In addition, I am helping a community of Information Technology in Fukuoka, Japan. This community is holding a Tech and Creative Festival called Myojo Waraku. Over 4,000 people joined this event in 2012.

More Posts - Website

Follow Me:
TwitterFacebookLinkedIn