胸が高鳴った!!Waraku GIG. vol.7 ~スポーツについて語り合う会~ イベントレポート

2017年11月15日(水曜日)に「WARAKU GIG. vol.7~スポーツについて語り合う会~」が開催されました。

<WARAKU.GIGとは?>
年に一回開催の明星和楽をもっと日常に広めたり感じてもらったりするために月に一度開催する「明星ミニ和楽」。明星和楽で融合する様々なコンテンツをゲストを呼んだり、ワークショップをしたりしながら行う参加型のイベント。
GIG(ギグ)とは、ロック・シーンではよく使われる俗語。クラブなどの小規模な場所でのライブのことで、年に一度開催される大規模の明星和楽のためのGIG的なイベントであることを意味する。

第7回目は「スポーツ」をテーマに語り合いました。

今回は3月のイベント本番に向けて本格的に動き出したこともあり、多くの方がイベントに参加し、各々スポーツに関する熱いプレゼンが繰り広げられました。

まずは毎度恒例の乾杯からです!

軽くアイスブレイクをはさみワイワイ話し始めます。

そして、最初はサッカーについてのプレゼンです。

スイスのサッカースタジアムではスタジアムに老人ホームを建てて複合施設にする計画を国がしていて、試合がない日でもスタジアムに足を運んでもらえるような取り組みをしているそうです。
(参照記事:高齢者住宅付き!?スイス・FCバーゼルが誇るのは多機能すぎるスタジアム
※このスタジアムは現セレッソの柿谷曜一朗選手が所属していたチームのホーム

日本でも、日本ハムやDeNAなどがボールパーク化計画をしているので福岡でもアビスパ福岡のレベルファイブスタジアムを複合施設にできないかというプレゼンでした。

次に生涯を持った方でもスポーツを楽しめるように、サッカーには電動車椅子サッカーというものがあります。
この競技は衝突が激しく無事に終わるのが珍しいとか…

知らないだけでこのような形のスポーツがたくさんあり、3月の本番で何かを取り入れてやっても面白くなりそうですね。

続いてラグビーについてです。

意外と知られていないラグビーのルールや、皆さんの記憶にも新しい2015年のワールドカップの試合をラグビー経験者による実況付きで振り返ってみました。
公式戦では毎回必ずルールを復習するために可愛らしいキャラクターの動画を流してるそうです。

そして、大盛り上がりしたのが南アフリカという最強のチームに日本代表が勝った試合を振り返りました。

素人が見てもかなり盛り上がったけど、経験者からの解説付きだと細かいポイントをしれたり最後の状況がどんだけすごい大事な局面だったてのもわかりました。

この日本代表が勝ったことは、レスリングを始めた5、6歳児が国民栄誉賞の吉田沙保里選手に勝ったことくらいすごいことらしいです。

具体的な例があり会場は最高のボルテージになりました。

そして最後にホークス優勝で盛り上がっている野球についてです。

日本シリーズでホークスが優勝を決めた3点目の今宮の得点はセーフかどうかビデオ判定になった件です。
普通に見てると誰もがアウトだと思っていたし、本人も監督には微妙だと伝えていたそうですが最新技術でセーフになりホークスに優勝をもたらしました。

ビデオ判定は雰囲気を崩すので嫌いだという意見や、IT技術を使ってほんとの正しい判定をしてほしいという意見に分かれました。

サッカーではボールにチップを導入してゴール判定をしているが野球はまだまだITを取り入れるチャンスがあるので今回の明星和楽で企画を考えていくことになりました。

(まとめ)
次回は2017年12月6日(水曜日)にアイドルをテーマに開催します。
アイドル戦国時代が終わりを向けようとしている今、さらなるアイドル時代はどうなっていくのか語り合いましょう。