Interview

2017年4月13日 Comments

「食×医療×Technology」の新しい組み合わせ オルターブースのFood Tech事業に注目!

自分だけの調味料がつくれる「マイソースファクトリー」。 どんなものなんだろうと興味がわき、さらにそれを作ってる人ってどんな人?!って思ったので、株式会社オルターブースのFood Tech事業について、代表取締役の小島淳(こじまあつし)さんに伺ってきました!! [...]
2016年3月28日 Comments

IoT化した海洋ブイで、海の詳細なデータを収集・分析することでみえるもの

IoTが各地で盛り上がっているなか、ただハードウェアを作ったり、スマホとつながったりするだけがIoTではありません。データを収集・分析し、そこからどういった価値やサービスを提供するかを考えるべきだと僕は思います。 福岡ならではのIoTなサービスを提供している企業の一つに、Manycolorsがいます。前職でロボット開発に取り組んでいた中野晶太さん。「ロボットと言えばヒト型だとみなさん想像しがちだけど、ロボットのあり方っていろいろあっていいはず」と考えているそうです。 [...]
2015年5月15日 Comments

緊急取材!TAKUYAさんに聞く「福岡をアジア音楽のハブに」構想の全容

2001年に惜しまれつつも解散した「JUDY AND MARY」のギタリストとしての活躍はもちろん、近年では楽曲提供・プロデュース、「商店街バンド」での活躍も話題の、ギタリスト・ソングライター・プロデューサー TAKUYAさん。そのTAKUYAさんが何故福岡に目をつけ、このような構想を抱いたのか? 福岡のクリエイティブな情報を扱うOREOKA.COMとしては、とにかく一刻でも早くこの構想の詳細を伺い、福岡の読者に情報を届けなければと、インタビュー取材を敢行しました。 [...]
2013年7月22日 Comments

INTERVIEW:VJ PicoPicoHammer Vol.1

グルーヴを強調する疾走感ある映像を得意とするビジュアルパフォーマンス集団。現在Fune、Komappy、Accunの3名で構成。ライブイベントにて培われた的確なスイッチングプレイで“グルーヴ”を何倍にも増幅させる映像演出は必見! 2002~2004年末にはハウステンボスカウントダウンクラブイベントの映像を担当。アジアのテクノロジーとクリエイティブの祭典『明星和楽』には第1回から参加、livetuneのkz、☆Taku Takahashi、tofubeatsなどと共演。 クラブ音楽のメインストリームに迫りつつあるアニメ系クラブイベント『AnimeSplay』にレギュラーで参加、VJならではのアプローチでアニソンとビジュアルの心地良い融合を模索中。 オーディエンスにグルーヴをフィードバックする映像体験をテーマに、より身近でわかりやすい“踊れる”VJを目指している。福岡、佐賀、長崎など九州を中心に活動中! [...]
2013年5月9日 Comments

Future Sync vol.3直前!運営者インタビュー(全1回)

緑の眩しい街路樹の下を歩きながら、ジャケットを着てきたことを後悔する。数日前までの肌寒さは何だったのか、誰にともなく問い詰めつつスケジュール帳を開く。5月も中旬にさしかかろうとしている。今年も、Future Syncの季節がやってきた。5月11日。土曜日。九州産業大学。近い未来を同期(シンク)するトークイベント「Future Sync vol.3」が開催される。もう明後日じゃないか!イベント直前の忙しい時に空気を読まず運営者にインタビューを決行した。 [...]