ims

2013年6月14日 Comments

REPORT:IMS SUMMER 2013 FORREST

福岡市はコンパクトだと言われる。博多駅や福岡空港が近いかと思えば、少し足を伸ばすだけで自然に触れることができる。それでも天神で仕事をしていると、気分転換にふらっと出かけてもビルの間を歩くだけになってしまう。そこで、天神イムズで開催されている「IMS SUMMER 2013」に出現した森の休憩所に行ってきた。 「FORREST」と名付けられたプロジェクトは、“FOR FOREST”と“REST”を掛け合わせた名前になっていて、“森が喜ぶことを考える、森のための休憩所”という意味だそうだ。その空間の中心を成すのは、広島と東京を拠点に国内外でユニークなプロジェクトを多彩に手掛ける建築家・谷尻誠氏がデザインしたダイナミックな3本の“架け橋”。この“架け橋”は、日田・津江産の杉材によって作られ、山(林業)とまち、人と自然、人と人とをつなぐ架け橋になればとの想いが込められているという。ここまで、ほぼコピペ。 [...]